Google

WWW を検索   サイト内を検索

ニコン、一眼レフ新製品発表のペースが異常な件2013年10月17日 22時56分04秒

一体どうしたんだろうねぇ。
過去にはないよね、D610といい、D5300といい。
どっちも前モデルから1年程度しか経っていない。
今までの製品サイクルはエントリーからミドル機で2年程度、その上はマイナーチェンジを除けば4年くらいだった。

いや、待てよ・・・
これは後継機と言うよりマイナーチェンジと捉えればサイクルにも合点がいくというもの。
かつてD70の発売の翌年にはD70sが発売されていた。

しかしD610はまだしも、D5300についてはエンジンがEXPEED4になったし、外観はD5200と殆ど変わらないように見えるけど、ボディの素材にカーボンを使ったりモノコック構造になったり、イメージセンサーもおそらくメーカーが変わったのではないかと推測する。D7100同様、ローパスレスにもなった。D5200から流用しているモジュールも少なくないとは思うが、マイナーチェンジとするならかなりビッグマイナーチェンジだ。
思うに解像力にさほどの差はないが、高感度性能についてはかなり向上しているのではないかと期待してしまう。
まぁそのうち多方面からレビューが上がってくるはずなので、楽しみに待つことにしよう。

しかし違和感たっぷりなのはD610だ。
多少のスペックアップはしているが、この時期に新機種として出すには説得力がなさすぎる。D600ユーザーも困惑気味ではないか?
ましてやD600の価格がこなれてきている中、本当に売れるのかどうか疑問だ。
何かやむにやまれぬ事情を感じてしまう。

さてさて、みんなが待ってるD400が出るのか?
来年辺りEXPEED4搭載のD7200とか出ちゃうのか?
各社ミラーレス機の台頭が目立つ中、レフ機の生き残りをかけた迷走なのか?
「一眼レフ」ならではの利点や魅力をブラッシュアップしていかないと、本当にピンチなのかもしれないね。

コメント

_ akk09 ― 2013年11月02日 08時51分44秒

D610はホントビックリでしたね。
追って行くとゴミ問題対策が施されAWBが進化していると聞きます。
D5300はコンシューマ向けのパフォーマンスでしょう。
D5200で部品処理??
問題は新FXですね!
Df?待ってましたって感じです!
が。。。SIGMA 18-35F1.8 買ったばかりなのに…

_ kinzo ― 2013年11月03日 22時12分28秒

>akk09さん
お久しぶりです。
やはりD610はゴミ問題ですよね。随分騒がれていたようなので・・・
D5300は・・たしかにWi-Fi内蔵したりして、、、他社製品を意識した感じもしますねぇ。

Df・・・確かにすごく気になります!
もしこれがD600並みの価格で手に入るのならかなり揺れますね。
ていうか、18-35 f/1.8買ったんですか!?
いや~僕もすごく気になってるレンズだったんですけど、今ちょっとした理由から純正(Nikkor)信者になってるものでw・・今のところ見送りです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「1234」と入力してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kinzo-diary.asablo.jp/blog/2013/10/17/7011560/tb