Google

WWW を検索   サイト内を検索

D7100で蘇る??AF-S DX 18-70mm f/3.5-4.5G2013年07月07日 00時28分07秒


D7100,AF-S DX NIKKOR 18-70mm f/3.5-4.5G IF-ED

以前D7000との組み合わせで使用してみたら全く使う気が失せてしまったレンズ。
故にお蔵入りしていた。

D7000を下取りに出してD7100に代替した時も、高画素化が進んだ近年のカメラで使うには性能面で厳しいとわかりきっていたので、あえてテストすることもなくSIGMA 17-70osを導入した。しかしこのSIGMAのほうも使用し始めて間もなく気づいたのだが、遠景撮影における周辺画質がかなりひどい。使い方を間違わなければすばらしい絵が出てくるものの、単純に便利ズームとは呼べない気がする。

そこで、ニコンの18-70を試してみた。
D7100で使用してみると不思議なことにD7000の時のような酷い画質にはならなかった。
撮影条件も違うので一概に言えないが、機種間あるいは固体間での相性のようなものもあるのかもしれない。とにかく画像を見比べれば一目瞭然だった。
遠景撮影し周辺画質をSIGMAと比較してみると、なんとこちらのほうが良好な結果に。
しかしながら中心部の解像力は遠く及ばず、全体的な解像力不足は否めない。
やはり常用は厳しい。

散歩やスナップ、ストリートフォトなどならSIGMAを常用で良さそうなのだが、風景撮影に使うレンズとして自分を納得させるには別のレンズが必要になりそうだ。

今のところAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDあたりは良さそうだと思っている。
135換算で27-52.5mm相当なので自分の使い方にはぴったりだし、フルサイズ対応なので周辺画質にこだわるなら尚のこと良い結果が得られると思う。

D7100で蘇る??AF-S DX 18-70mm f/3.5-4.5G その②2013年07月11日 21時56分57秒

前回、ニコン18-70を今更ながらに試してみた結果として新たにレンズがほしいという結論を出したものの、まだテストが足りないのでは?そして何が物足りないのか?その辺のモヤモヤを解消すべく、本日また持ち出してみた次第である。

結論は「おしい!」である。
きっちり撮れば予想以上に良く写る。コレには少々驚いた。
比較できる画像がないのであまり説得力はないのだが、結局のところあとわずかの解像力とシャープネスがあれば「ハッ」とするような写真が出てきそうな雰囲気ではある。

他のユーザーさんも言われているように少々軟調な描写のレンズなので、線は太くなってしまうが画像処理を少しかけてみるとまぁまぁいい感じにはなる。が、レンズ性能を賄うような画像処理はあまりやりたくないというのが正直なところだ。

さらに再認識させられたのがD7100のブレに対する異常なまでの神経質さである。
単に自分の腕が悪いというのもあるが、ちょっと油断すると「焦点距離分の1」以上のSSでも手振れ写真を量産してしまう。シグマのOSつきレンズで歩留まりが上がるのも納得である。

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDあたりが・・・と思っていたものの、コレにはVRがついていない。結局のところそうそう手軽には使えないということになる。
こうなってくるとコスト的に考えても16-85VRあたりが選択肢になってくるのだろうが、個人的にはあまり好きな描写ではない。むしろ18-105VRのほうが好みで値段も安い。ということで今気になりだしたのが18-105である。
いやいやそれだと最初からレンズキットで買えばよかったのでは?などと考えてしまい、大変に微妙だ(笑)
レンズは奥が深く、自分で使い込むまでわからないところが多々あるのでこういう遠回りをする場合があるんですな。

で、そうなるとシグマの17-70osの立場は??
さっさと売り飛ばすか?
などと考えたのだが、焦点域の同じようなズームレンズでも使い分けは存在するわけで、例えば自分の場合室内でのワンコ撮りなどにはものすごく都合がいい。とにかく異常なまでに寄れることと中心付近の解像力が無双(言い過ぎか?)であること、ワイド端でF2.8の明るさ等々。他のレンズではなかなかできないワンコの「どアップ鼻デカ写真」が実に間単に撮れる。これは捨てがたい。18-105だと最短撮影距離が0.45mなのでちょっと真似できないだろう。

そんなわけで買い替えではなく買い増しを考えている今日この頃である。


散歩写真、本日はAF-S DX 35mm f/1.8G2013年07月14日 23時27分26秒


D7100,AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

すごく安価なレンズなんですがね。
今持っているどのズームレンズより素敵な描写をしますよ。
それが単焦点の力というものでしょうが、あらためて感心するとともに
緻密かつ均質性の高い描写こそが、質感や立体感を生み出しているのだとつくづく思うわけです。

工場夜景2013年07月19日 22時46分34秒


D7100,TAMRON SP70-200mm f/2.8 LD

ようやく室蘭の工場夜景を撮りに行くことができた。
小雨に降られたりとあまり条件はよくなかったが、結果としてはまずまずと思う。
夜景撮りは滅多にしたことがなかったが、露出時間が15~30秒ほどにもなると中型三脚にがっちり固定してもブレには非常にシビアで、2割ほどは失敗していた。

光源が多いのでホワイトバランスは少々てこずるかと思ったがオートでほぼ記憶に忠実な発色が得られた。
しかしあえて作品として趣を変えるにはマニュアル設定で撮ってみるのもよかろうと試してはきたが、絞り、露出補正、失敗に備えて同じフレーミングで数枚撮影など繰り返していると1ショットあたり前述のとおり15~30秒もかかるわけで、撮影時間がかなり長くなる。
時間が許せばいいものの、札幌から往復約6時間。忙しい身としてはやはり日程を組むのが難しい。
やはり写真撮影は時間と根気が必要だなと思った。

それと今後の課題。
カメラのAEに任せていると少々露出オーバーに感じたのでほとんどマイナス補正をかけて撮影してきたのだが、PCの画面で確認してみると確かに記憶に忠実ではあったが同時に地味でもあった。こういった被写体の場合もう少しギラついた感じでもよかろうな、と思った次第。次回があるならもっと時間に余裕を持って取り組んでみたい。

新しい家族2013年07月24日 23時07分39秒

何とビックリ!
またもや新しい家族が増えてしまった!


生後2ヵ月半のゴールデンレトリーバーの男の子。
命名「ルーク」。

買い物に行ったホームセンターのペットコーナーで妻が衝動買い(笑)
妻が自分のカードを切って(\118,000也)連れて帰ってきてしまった。(恐るべき行動力だ)

しかしさすがにこのあたりで我が家の家族構成を整理すべきか?

①リアラ(ボーダーコリー、♀、8歳)
②ココ(ウェルシュコーギー、♀、8歳)
③ライト(ボーダーコリー、♂、2歳)
④ルーク(ゴールデンレトリーバー、♂、2ヶ月)

①アキ(雑種、♀、7歳)
②ナツ(雑種、♂、6歳)
③ユズ(雑種、♀、6歳)
④マル(雑種、♂、5歳)

う~ん動物王国!(笑)